HOME > 編集長について > 編集長の絵手紙

編集長の絵手紙

編集長がご相談を受けたガン患者さんを励ますために、「なにかいいことないかなぁ〜」と思案したところ、ふと思いついたのが絵手紙でした。何十年ぶりかに絵筆を持った指は、最初震えていました。「絵手紙は下手でいい」という新聞記事の一行をそのまま信じ込み、「絵手紙は度胸!」とばかりに自己流で描いてます。少しでも微笑んでもらえたら、うれしいです。

2017年07月25日

image
AIは現代のご神託、予言者なのか?
AIを前にして、民はひれ伏すしかないのか?
AIの判断は、人間に勝るのか?

AIの情報処理能力には脱帽するしかない。

しかし我々の遺伝子にも、生命誕生から脈々と受け継がれた
情報がストックされている。

答えは、自分で出したい。
 

2017年06月27日

image2
窮地に陥ったときに道が開けるのは、
考え方が変わったとき。

国もしかり、
企業もしかり、
人もしかり。
 

2017年05月31日

image2
どんなに便利なアプリを手に入れても、
ソフトがなければ、作動しない。

もしあなたの人生が誤作動を起こしているなら、
あなた自身のプログラムと、あなたの今の生き方が、
一致しているかどうか?

点検してみて。
 

2017年04月25日

image
目標のある人生。
夢を持って生きる。

僕にとっては、「目標」「夢」より、
【タスク(課題)】というワードがしっくりする。

生きてると、なんやかやと課題が与えられるもんね。
あとはそれが、自分の課題か?他者の課題か?
見極めて取り掛かるだけ。
 

2017年03月29日

image
高みの見物、、、って、揶揄されるけど、
高みだからこそ、見えるものもあるんだよね。
 

2017年02月27日

image
医学の世界で「変異」は、
悪っぽくとらえられます。

生命の世界で「変異」は、
生きる能力と考えます。
 

2017年01月05日

image
悪魔に魂を売ってはいけない。
他者に魂を委ねてはいけない。
家族にさえも魂を預けてはいけない。

あなたの魂は、あなたのなかでしか生きられない。
 

2016年12月27日

image
健康法は健康になるための技法。
養生法は生を養うための智恵。

健康法や養生法でガンを攻撃しないでね。
 

2016年11月30日

image2
治療法は知識として探しなさい。
治し方は感性でつくりなさい。

知識と感性が、生きる智恵となる。
 

2016年10月26日

image2
物事を処理する賢さ。
問題を解決する賢さ。
アイディアを実現する賢さ。

しかし時には、
何かをしない賢さも、ある。
 

2016年09月28日

image
生きる!ってことは、
最善を尽くすだけではない。

最悪を回避することも、
生きる!ってこと。

 

2016年08月29日

image2
治るとは、特別な次元に到達することではない。

イレギュラーな状態が、レギュラーな状態になるという
いたってシンプルな本来回帰。

それは、あるべき状態に落ち着くというだけのこと。
 

2016年07月25日

image2
もし、幸せを感じることができなくとも、
こころ豊かに生きることは、
できるものだ。

いかんともしがたい境遇に置かれたとしても、
こころには制限がない。
 

2016年06月30日

image2
水が足りなくても、
水が多すぎても、
根っこは腐る。

内臓だって、
栄養が足りなくても、
栄養が多すぎても、
機能に障害が起きる。
 

2016年05月31日

image
変化していいもの
→肉体
→不健全な思考

変化してはいけないもの
→あなたがあなたであること
 

2016年04月28日

image
火の国 水の国、
その豊かさゆえに傷ついた。

いまはただ、傷が癒えることを
願うのみ。
 

2016年03月25日

image
情報や知識は、事実を伝える。

それに対して自分なりの解釈を加えたものが、
あなたにとっての真実。
 

2016年02月24日

image
安っぽい物語とは、
他人から借りた物語。

退屈そうに見えても、
自分オリジナルの物語は、
心地よいハーモニーとなって響き合う。
 

2016年01月04日

image
人類は猿から進化した?!

いえ、人も猿も微生物のDNAシステムをハイブリッド化して
生命を継承しているのだそうです。

生命DNAに特許はなく、
微生物は生き延びるための重要なDNAを無償提供してきた。

異なる生命装置を持つことでリスクをヘッジする。
絶滅した生物のDNAでさえ、他の種に引き継がれる。

「見返りを求めないプレゼント」

それは宇宙、地球、国家、社会、
そしてひとりの人体の中でも、
共生存続のために不可欠な要素だ。
 

2015年12月24日

image
WAKUWAKUには、
テーマパーク型と、古刹型がある。

高揚感にはじけるようなワクワクもあれば、

ひっそりと佇むようなわくわくもある。
 

2015年11月19日

image2
最先端を追求して健康を求めたら、
人間だけが病気を山ほど抱え込んだ。

難解な理論を構築して謎に挑んだら、
古の智慧がすでに解き明かしていた。
 

2015年10月21日

image2
生命も人の世も、
個々の構成要素の良し悪しでなく、
それらががいかに関係し合うかで、
成立する。
 

2015年09月28日

image
あなたが人生でできること。

与えられた「課題」を変えることはできない。
与えられた「課題」に答えることはできる。
 

2015年08月24日

image
数値化できないものを
信じる力が、
生きる力。

 

2015年07月30日

image
人生の物語を進めるには、
こころもからだも、
幾度か変身を遂げる。

同じままでは、物語は進まない。
 

2015年06月30日

image
心が安らかであると、
命は立ち上がることができる。

安心立命。
 

2015年05月27日

image
人生の資格は勝ち得なくとも
知らぬうちにすでに与えられている。

ならばその資格こそを、使うべきだ。
 

2015年04月23日

image2
植物はたがわず、
実をつけ、花を咲かせ、若葉を芽吹かせる。
幾年も幾年も。

晴れ渡る日も、
濡れそぼる日も、
沈鬱な日も、
荒らぶる日も、

ただただ丁寧に生きている。
 

2015年03月26日

image2
だれかに刻まれた物差しの目盛りが、
あなたにとって不都合なら、
その目盛りの中でもがくより、
自分で目盛りを刻み直せばいい。
 

2015年02月18日

image
予め後悔しないよう物事を決めるのは難しい。
だって、やってみないと後悔するかどうかわからないもん。
だったら、後悔をも受け入れられることを選択してみたら。
 

2015年01月01日

image2
私らの毛を使って体を温めるのはいいけど、
心は自分らで温めてよ。
私ら、そこまで面倒みれないからね。
 

2014年12月22日

image2
気づく。理解する。納得する。
それも大切なこと。

だが、ストんと腑に落ちると
からだすべての細胞が
“YES! WE CAN!!”って歓喜する!
 

2014年11月28日

image2
運命を切り拓く,
というと甚大なる労苦を要するように思われる。

運命は、
ただただ自分で選択する勇気を
持ち続けることである。
 

2014年10月30日

image
たとえ一生のうち、
たったひとりにしか喜ばれなくとも、
その人生には十分、
価値がある。
 

2014年09月25日

image2
ここぞで頼りになるのは、
お偉い人の意見じゃなく、
自分の頭、
でもなく
自分の身体感覚、
かな。
 

2014年08月28日

image2
病気を治すため、
もっと強い人間になろうとしているあなた、
あなたはもうすでに十分強いのです。

だってお母さんのお腹に宿った時から、
幾多数多の困難を乗り越え、
生命力をフルに発揮して、
今があるのだから。
 

2014年07月30日

image
幸せになりたいのなら、
幸せなことを探すのではなく、
大切なことを、
ただただ、
大切にすればいい。
 

2014年06月27日

image2
本来、人間とは、数値化したり法則化することは
できない存在だと思う。

他者と自身の関係性で変化するから。

客観的に認められた科学的手法でさえ、
介在する人との関わりで異なる反応を示すのです。
 

2014年05月27日

image2
時代が変わる。
世の中が変わる。
世界が変わる。

時代も、世の中も、世界も、それ自体が変わるわけではない。

そこに生きる人々、
一人ひとりが変わるだけだ。
 

2014年04月28日

image2
闘うより、
仲良くするほうが
かんたんなのにね。


*実はこの絵、編集長が自らの花粉症をセルフヒーリングするにあたり思い描いたイメージなんです。(こちらに詳細を掲載しています
 

2014年03月24日

image
あなたはいつだって太陽なんだよ。
太陽のように光り輝いている。

その光が見えないのは、雲がかかっているだけのこと。
雲で陽は陰っても、雲の上ではいつも同じように光り輝いている。

雲のない日、雲の少ない日、雲の多い日、
いろんな日があるけど、
あなた自身は変わらず光り輝く存在。

 

2014年02月24日

image2
国家につごうのよい物語、
企業が儲かる物語、
世間が好む物語、

医学がつくる物語、
病人としての物語、

あなたは物語を語らされて生きるのか?
それとも自分の人生の物語を語るのか?
 

2014年01月01日

image
直線、コーナー、障害物、
うまく走り抜けられなくたっていい。

歩いたり、ひざまずいたり、はいつくばったり。
それで人生を進めたって、なにもカッコ悪くない。
 

2013年12月19日

image
がんが治ったら生存するのではなく、
あなたにとって最良の生存をすると、
がんはがんでなくなる。
 

2013年11月29日

image2
正解は自分自身の中にある。
だから、自分の意識を研ぎ澄ませて、
内なるメッセージに耳を傾けよう。

すると、
肯定的で前向きなメッセージを期待しないだろうか。

あなたにとって重要なメッセージは、
否定形で発せられることもあるのじゃないかな。
 

2013年10月30日

image2
伝えたいことが、
ちゃんと伝わるようにするのは、
洗練された言葉ではなく、
伝える態度である。
 

2013年09月30日

image
信念を貫く。
意固地になる。

その差はなんだろう?

信念には思いやりがあり、
意固地には気遣いがない。
 

2013年08月29日

image2
世間にだって、自然にだって、

味方もいれば、敵もいる。
善良そうな奴もいれば、不良そうな奴もいる。
こうしようとする者がいれば、反対のことする者もいる。

そうやって成り立ってるんだよ。
からだの中だって。
 

2013年07月30日

image2
ガンの塊ばかりに目が囚われがちだけど、
いま、あなたが生きているのは、
他の正常な細胞がしっかり働いているからでしょ。

そっちにも目を向けて、大切にしてあげてよ。
健気で愛おしいじゃない。
 

2013年06月25日

image2
健康に気をつけているというあなた、
書店の健康棚には足を向けないでください。

そこで幾つか本を手に取ると、
もれなくあなたに当てはまる症状が記載されています(笑)
 
ページトップへ  

バックナンバー

image1
image2