HOME > 編集長について > 運営者情報

運営者情報

小澤康敏(おざわ・やすとし)

運営者

小澤康敏(おざわ・やすとし)

・「ガンの辞典」編集長
・漢方・自然療法の研究・取材
・自己治癒力向上の研究・取材
・クリニック・薬局薬店・健康食品メーカーのアドバイザー
・ガン相談アドバイザー

経歴

元薬のグリーン会運営委員・免疫予防研究会代表
元大手抗癌剤メーカー勤務
元漢方専門薬局運営
メンタルケアのスペシャリスト
(メンタルケア協会認定)

 

ライフワーク

この『ガンの辞典』には、僕のライフワーク的な思い入れがあります。
僕は以前、製薬会社で営業をしていました。その会社は抗ガン剤の最大手で、かなりの売上があります。
国内ではナンバー1の抗ガン剤メーカーです。僕は名古屋と東京で仕事をしました。大きな病院も担当しました。

【写真】研究会での講義風景

入社した当初は、間接的にも人の命を救えるやりがいのある仕事だと意気盛んでした。
あと10年もすれば、画期的な抗ガン剤ができてガンは制圧できると、当時は言われていました。
自分の会社の抗ガン剤も、さぞかしお医者さんに高い評価をされているんだろう、と信じていました。
東洋医学や漢方なんか、鼻でせせら笑ってました。「そんな、うさん臭いもの」と見下していました。漢方医のこともバカにしていました。

 
【写真】研究会での講義風景

ところが、実際に現場(病院)を訪ねると、お医者さんたちの抗ガン剤に対する評判は芳しくありません。
外科の医師は 「薬より手術だッ!」 と職人気質。
内科の医師にはどことなく「あきらめが漂って」います。
「気休めだね」自嘲気味にベテランの部長先生がつぶやきます。 そういった医師に取り入って、自社の抗ガン剤をとにかく使ってもらう毎日でした。
ライバルとの競争に勝って、処方せんに自社の薬の名前を書いてもらう。それが営業でした。
患者さんの体の状態なんか考えもしませんでした。それは、僕が頭に描いていた仕事とはちがったのです。

 
【写真】研究会での講義風景

今も会社に残っている同期入社のヤツと、たまに会うことがあります。
だいぶ地位も上がってきて、支店長になっているのもいます。
製薬会社は利益率がとても高いので、けっこう給料もいいです。
でも、僕は今のほうが幸せです。

  『ガンの辞典』は、患者さんとそのご家族のために作りました。

 

免責事項

利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、当サイトは何ら責任を負うものではありません。
当サイトの利用は、利用者の自己責任でお願い致します。
利用者が当サイトを利用したことにより発生した損害または第三者に与えた損害につきましては、一切の責任を負わないものとさせていただきます。

 
ページトップへ